保育士の資格と試験をクリアせよ!

試験の難易度と合格率

資格試験の難易度に関しては、結論から言えば簡単ではないと言えます。難易度だけで見ると、必要な国家資格試験の中でも、相当高い部類となっています。もちろん、しっかりと知識とスキルを磨けば、合格できないということはないです。1,000人受験すれば、100人~200人は合格するのが保育士資格です。つまり、正確な情報を頭に入れ、保育士に必要な基本から応用までを熟知しておくと合格率も高くなっていきます。勉強自体は独学でおこなう方も多いですが、原則としては保育系の大学や専門学校で勉強すると、効率的に合格へ近づくことができるはずです。

なお、世間一般で言われている合格率は、全体の10%~20%となっています。そちらを考慮した上で、まずは保育士に必要な教養を身に付けていきましょう。そうすることで、より保育士になるための道に近付くことができます。近年は保育士や保育所が不足しているということもあって、「簡単に合格できるようになっている」「働く職場も多い」と思っている方が多いです。しかし、子供と関わる上で必要となる知識やスキルも多いため、不足しているからといって簡単になるということはありません。その点も注意して、保育士資格試験に挑むことが必要となるでしょう。

menu

 


リンク集 | サイトマップ Copyright © 保育士の資格と試験をクリアせよ! All rights reserved.